2016年1月10日日曜日

ACアダプタ(12V)を利用したお手軽ヘッドホンアンプ(★★★★お勧め)

12VのACアダプタを利用したお手軽なヘッドホンアンプを作ってみた。
こんな回路。


LM380で両電源を生成

この回路のミソは、LM380を使って±両電源を生成しているところ。
1.3Aも電流が取れるから、このアンプぐらいだと仮想グランドは全くぶれない。

お手軽ということで、電解コンデンサは一般品、その他は積セラ、抵抗はカーボン。全て秋月で入手できるはずだ。入力Cはバイポーラ(両極性)で、ニッケミのKMEを使ってみた。これは千石に置いてある。

その性能はバカにするなかれ。


TestこのアンプUSB-DAC LoopBack
Frequency response (from 40 Hz to 15 kHz), dB:0.23, +0.050.11, -0.08
Noise level, dB (A):-89.5-89.3
Dynamic range, dB (A):89.689.5
THD, %:0.0460.038
IMD + Noise, %:0.0570.057
Stereo crosstalk, dB:-87.6-89.7
USB-DACのループバックと比較

ほとんど数値が劣化してない。
理論上あり得ないが、なぜか良くなっている項目もある(笑)
そもそもJJのUSB-DACはおもちゃみたいな安物なんで、本当はもっと良い特性かもしれない。。。


ノイズレベル

緑がUSB-DACのグラフ、白が今回のヘッドホンアンプ。変わらん(笑)
入力Cにバイポーラの電解コンを入れたから期待はしてなかったが、一聴した限りでは(コストの割に)かなり良い。


音出し中

適当に作ったからジャンパが多い。。。
終段トランジスタとバイアス用のダイオードを熱結合するつもりでいたが、電圧が低いから終段トランジスタは全く熱くならない。温い程度。

パーツ単品の価格を全部足しても2千円いかないのではないだろうか(ケース除く)。
アンプと電源回路で半日、ケース加工も合わせて1日で出来るかな?
連休中のお遊びで試すのはどうだろうか。


ポチっと押していただくと、僕のランキングが上がって創作意欲が湧いてくるんです(笑)
ご協力をお願いします m(_ _)m
☆にほんブログ村 電子工作
☆にほんブログ村 オーディオ

0 件のコメント:

コメントを投稿

記事の間違い指摘や質問等あればお気軽に。
また、本記事を参考にする場合は自己責任にて。